山梨県の外断熱・高気密の地熱住宅・住まいの設計と施工/山梨県韮崎市・北杜市周辺の土地・中古住宅不動産情報

オザワホーム

山梨県の土地探しも当社にお任せ下さい。


ごちらからご連絡下さい。Tel : 0551-22-3699

太陽熱利用システム温『そよ風ソーラー住宅』草原の爽快感、陽だまりの温もりをあなたの家に…四季を通じて家中、快適な温熱環境を実現。

次世代ソーラーシステム『そよ風』


太陽の熱をうまく使ったシステムで環境に優しい!

太陽熱と地下を含む通気を利用し、家全体が夏涼しく、冬温かい


そんな理想の温熱環境を実現するのが『そよ風』のシステムを取り入れた住宅です。


太陽光発電パネル
※『そよ風』は太陽光発電パネルや太陽熱温水器とは異なります。
LinkIcon『P.Vソーラーハウスの家』(太陽光発電パネルで発電する家)


蒸し暑い夏には目覚めると草原の爽快感、厳しい冬の夜には陽だまりのぬくもり。思わず深呼吸をしたくなるような室内の温熱環境を四季を問わず実現します。環境に負荷を与えず、人にやさしく、年間を通じて穏やかな温熱環境をつくります。小さな子供やお年寄りはもちろん、すべての人の健康に良い次世代システムです。

『そよ風ソーラー住宅』の特徴

『そよ風』のシステムは、家を貫くダクトが特徴

▲山梨県北杜市小淵沢町の別荘。窓やドアを締め切って家を離れる場合、しばらくするとカビ臭くむっとした空気になっていることが一般的ですが、『そよ風』システムを利用しているために、いつ来てもカラッとした快適な空気で、冬も全ての部屋がここちよい室温なのに驚いたそうです。

☆太陽熱で昼も夜も暖か!

『そよ風』のシステムは、室内を貫くダクト(写真左)が特徴。寒い季節は集熱屋根で集めた太陽熱を、ダクトを利用して床下の蓄熱層に送り、それを各部屋の床の吹出口から上げるという仕組みです。

▸切替吹出口の手動レバーで、床下/室内の吹出方向を調整することも可能です。夜間は、日中に取り入れて床下のコンクリートに蓄めた熱を少しづつ放熱するため暖かさが続きます。他の暖房エネルギー代はほぼかかりません。

切替吹出口の手動レバーによって床下/室内の吹出方向を調整することも可能です。(写真右▸)

☆大きな吹抜けの部屋でも底冷えしない!

吹抜けは、通常室内の上下の温度差がじて底冷えしますが『そよ風』は床に暖かい空気が送り込まれますので底冷えしません。

☆涼しいのも得意!

夏は屋根が高温になりますが、この熱はファンで屋根の外に排気します。夜間は放射冷却現象によって冷やされた空気を室内に取り入れることができますので、朝には高原のような涼しさを感じられます。

☆薪ストーブとの相性が抜群!

薪ストーブを焚いた時に天井に溜まる熱気を床下に循環させますので、効率よく家の中を暖められます。

☆お湯をつくることもできる!

お湯採りコイルユニットを付ければお湯づくりも可能。

☆小屋裏も夏暑くない!

『そよ風』は夏の日中の暑い空気を断熱された屋根の上で排気しますので、日中屋根裏が暑くなりません。

☆家の隅々まで暖かい!

通常暖房を入れづらい北側の台所、脱衣所、トイレにも空気を廻せるため、家中隅々まで暖かです。

☆気持ちの良い空気質!

外の空気を取り入れて循環させ、床の吹出口から上げるため、室内の空気は常にきれいで快適です。

人が降りてかがめるほどのコンクリートの床下蓄熱層

▲台所の床下を覗いてみましょう。人が降りてかがめるほどのコンクリートの蓄熱層があり、筒状の排気管によってしっかりと空気を送ることができるようになっています。

▲室内のコントローラーによって春/夏/秋/冬の運転モードを変えればあとはそのままでOK。写真は7月に撮影したもので、屋根の温度が60℃にまで上がっているのが分かります。

▲屋根の裏側には空気を出す穴(写真の黒い部分)があります。夏は不要な熱気をここから排出し、家の中が暑くなるのを防いでいます。

『そよ風ソーラー住宅』の仕組み

の仕組み

昼間の太陽熱で地下を暖め、
その熱で家中いつでもかく。

冬の日中、太陽によって暖められた空気をダクトで床下に送り込み、蓄熱体として基礎のコンクリートを暖めます。その熱を部屋に取り入れます。
※特に当社では、家丸ごときっちりとした外断熱で囲っていますので家の中全体があたたかです。

冬の夜には、外に面するシャッターが閉じ、暖まった部屋の熱を今度は外に逃がさず内部の暖房器で出る熱と一緒に家全体に行き渡るように巡回させます。

の仕組み

昼は太陽熱を遮り地熱で涼しく。
夜は冷気で床下を冷やす。

夏の日中は、屋根の太陽の熱を家の中に直接入れないようにします。シャッターを閉じて床下の涼しい地熱による冷気を部屋の中に入れ循環させ、建物内全体を涼しく快適に保ちます。

夏の夜は、今度は外部の屋根で起きる放射冷却現象を利用して冷気を床下に送り、床下のベースコンクリートを冷やします。その冷やした冷気を部屋の隅の床吹出口から部屋内部に送り出します。

太陽熱利用システムそよ風説明




『そよ風ソーラー住宅』の良さをさらに活かせる
当社の外断熱施工の例


次世代ソーラーシステム『そよ風』と、当社の「外断熱施工」の組み合わせで
快適にECO住宅を実現してはいかがでしょうか。

屋根を葺く材料には、木の葉や雪などの事を考えてガルバニューム鋼板を利用屋根を葺く材料には、木の葉や雪などの事を考えてガルバニューム鋼板を利用
屋根を葺く材料には、木の葉や雪などの事を考えてガルバニューム鋼板を利用。
鋼板は、太陽の熱を吸収するには大変良い素材です。
屋根の上に『そよ風』のシステムが付けられます。

 『そよ風』のシステムで空気が取り入れられていることを確かめるため、煙が吸い込まれる様を検査中軒先には新鮮な空気が入るように軒天換気口を取付け付けています。
軒先には、新鮮な空気が入るように軒天換気口を取付け付けています。
蜂や鳥、その他害虫等が入らないように網などがセットされています。



『そよ風』のシステムで空気が取り入れられていることを確かめるため、煙が吸い込まれる様を検査中。▲

高性能の板状の断熱材(厚み30ミリ)を外部の構造用合板の上から張ります。高性能の板状の断熱材(厚み30ミリ)を外部の構造用合板の上から張ります。構造用合板を張る事は、耐震性、気密性、の性能2つをクリアするためにとても重要です。

断熱材を張った後、隙間をふさぐ為につなぎ目すべてにテープ処理を行い完璧にします。
ここまで断熱材を張るとかなり内部は暖かいです!

他にもこんな工夫があります!

ドレーキップ窓ドレーキップ窓
◀2重サッシはもちろん、ドレーキップ窓も好評。ドレーキップは1つのハンドルで左側に大きく開けられる(内開き)だけでなく、上部を少し開けて(内倒し)防犯に気遣いながら換気できる。

玄関の扉の内側にもう一つ木とアクリルの扉
◀玄関の扉の内側にもう一つ木とアクリルの扉を付けて、玄関を開けた時の外気が中に侵入しにくくしている。

モデル展示場のご案内model house山梨県韮崎市太陽光発電10.71kWh搭載で、年間約48万円の売電収入を得た実例(明細)をご紹介